理事長からのご挨拶

社会福祉法人清水基金

理事長 塚 本 隆 史 

清水基金は1966年、清水建設株式会社社長清水康雄氏の「同族四家の共有財産を社会に還元して、心身障害者の福祉向上に尽くしたい」という強い思いと、その趣旨にご賛同いただいた方々の一方ならぬご尽力により発足することができました。 1950年代、定める法もなく、重症心身障害児たちは国の保護を受けられませんでした。島田療育園を通じてその子供たちに出会った清水氏は力になりたいと決意し、1,400万株の清水建設株式を基本財産とする清水基金を創設しました。以来、設立の趣旨に忠実に、真に支援を必要とされている法人に助成を続けてまいりました。 助成先選定にあたっては、「現地調査を行うことで適否を誤らない現場主義」を貫いてまいりましたが、昨年度は新型コロナウイルス感染防止のため、電話による調査といたしました。従来の助成事業に加え、文化芸術活動特別助成事業を含め、現在までに3,671件、128億円を超える助成を行っております。 障害者福祉の質の向上には、施設整備などの物的支援だけでなく福祉を担う人材育成も不可欠であるとの考えにより、1982年から海外研修事業に取り組み始めました。これまでに200名を超える方々が研修に参加されました。海外の福祉現場に触れた多くの研修生が、障害者福祉分野の第一線で活躍されています。 2016年度からは年2回の頻度で国内研修事業を新たに開始し、より幅広い世代の法人職員の方々にご参加いただいております。今後、着実に実績を積み、所期の成果を発揮してくれるものと期待しております。今年度の研修実施につきましては、参加者の健康と安全確保を前提として、慎重に判断してまいります。 今後もわが国の社会福祉の向上に向けて、微力ながら着実で永続的な支援に努めてまいります。皆様の一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。